No Image

審判離婚とはどういう方法であるのか

November 21, 2016 adsyu2016 0

協議離婚が成立せず、調停離婚で調停委員とともに話し合っても、話し合いが平行線のまま終わってしまった場合、家庭裁判所では、調停委員の意見に基づいて審判離婚を進めることができます。 ●審判離婚とはどういう方法であるのか 審判離婚とは、調停委員の意見に基づいて、夫婦双方の事情を十分に調査したうえで、夫婦それぞれの希望を聞き入れたうえで、離婚を法的強制力にて成立させることです。 審判離婚の場合、家庭裁判所の調停官が2人の間の事実関係をしっかり把握し、証拠も収集したうえで、離婚の審判を言い渡します。 この審判においては、家庭裁判所で情報を収集したうえで、親権、養育費、財産分与などなどについても命じることが可能となっています。 このように述べると、「無理に離婚を進めていくのか」と驚く方もいるようですが、この審判離婚にまでいたることは滅多にありません。 審判離婚に関しては、家事審判法24条にて、以下のように定義されています。 「家庭裁判所は、調停委員会の調停が成立しない場合でかつ相当と認めるときは、家事調停委員の意見に基づいて、当事者双方の事情を考慮し、当事者双方の意志に反しない範囲において、離婚に必要となる審判を行うことができる。この審判で、金銭支払や財産の給付を命じることもできる。」 そして、「当事者双方の意志に反しない」との解釈が、家庭裁判所にとってかなり難しいようです。 したがって、調停離婚が成立できない場合、その多くが裁判離婚へと持ち込まれます。 詳しく調べたい方はこちら⇒小じわ対策化粧品の口コミランキング!人気はこれ

No Image

有限会社は今後どうなるのか

November 7, 2016 adsyu2016 0

2006年5月1日に新会社法が施行され、有限会社の設立は不可となりました。 そのため、現在有限会社として事業を営んでいる方は、どのように対応していけばよいのでしょう。 有限会社が今後取るべき方法は以下の通りです。 ●株式会社への変更 現在、存在する会社の9割は株式会社という形態を取っています。 そのせいか、株式会社を名乗っていれば、周囲からの信頼度が高くなる傾向にあります。 そのため、有限会社から株式会社へと変更するという選択肢もあります。 特に、従来、資本金や役員数の問題で、有限会社として運営せざるを得なかったのであれば、この機に株式会社に変更すると良いでしょう。 株式会社へと変更には以下の手続きが必要です。 ・会社名変更 会社名を変更するには、定款変更の決議が必要です。 これにより、法的に株式会社として存続できます。 ・登記申請 株式会社として営業を続けるには、法務局にて登記申請をしなければなりません。 この時に、有限会社の解散と株式会社の設立の手続きを同時に行います。 それから、登録免許税が最低6万円は必要となりますので、準備しておくにしてください。 ●そのまま有限会社として存続させる 特に株式会社に変更しなくてもそのまま有限会社として営業を続けても問題ありません。 これにより、有限会社であることのメリットが得られることもあります。 現在、有限会社は設立することが出来ませんので、有限会社という名の会社として長期運営ができれば、「有限会社」と聞いただけで、歴史と伝統のある会社と見なされる時か来るかもしれません。 また、変更手続きにかかる手間や費用を考えると、現状のまま営業を続けても特に問題ないのではないでしょうか。 もっと詳しく>>>>>牡蠣エキスサプリ ランキング